保険の重要性を紐解く

旅行鞄

海外旅行保険加入のすすめ

日本の医療事情と海外の医療事情は全く違います。日本では安価で出来る治療が海外だと倍近い値段だったということも珍しくありません。海外では何が起きるかわかりません。よって、事前に保険に加入しておくことで海外でのトラブルによる被害を最小限に抑えられます。

READ MORE

ファイナンシャルプランナーへの相談Q&A

プライバシーのことも話さないとダメですか?

ファイナンシャルプランナーは、場合によってプライバシーに関する情報も含めて調査・分析し、あなたに適した保険プランを導き出します。ですが、相談の中で知り得た情報は倫理規定第5条に基づいて秘密を保持いたしますのでご安心下さい。

信頼性の高いプランナーを探す方法ってありますか?

ファイナンシャルプランナー関連協会HP内にある「認定者検索システム」で信頼性の高いプランナーをピックアップできます。このシステムなら、無資格者に当たる確率はゼロに等しいです。

現役FPに直撃!相談で失敗しないポイント

目的を明確にしてください

まず、ファイナンシャルプランナーになぜ相談をするのかを思い返して下さい。「毎月納める保険料を安くしたい」、「保険の内容に不満があるから別のにしたい」と言った目的意識があれば、プランナーもそれに沿ったプランや料金帯のものを紹介してくれます。なぜ、目的意識が重要なのかは、プランナーの中には保険営業もかねて行う人もいるからです。話を進めていくうちに、高額な保険に加入させようとする悪徳なプランナーもいるので、相談前に確認しておきたいことをあらかじめメモしてから臨みましょう。

加入している保険状況を把握して下さい

加入済みの保険プランに関するパンフレットや契約時に受け取った書類を今一度確認しておくのも大切です。どこの会社の保険に加入しているのか、毎月いくら支払っているのか、保険の適応タイミングを再確認すれば、ファイナンシャルプランナー側もピッタリな保険内容か見極めやすくなります。

保険の相談回数は最低でも2回はある

フリーのファイナンシャルプランナーに保険料見直し相談をする場合、1回では終わりません。最低でも2回程は相談の場を設けられます。相談の流れは、初回は保険に関するヒアリング、2回目以降で保険サービスの分析と提案に分かれているケースが多いです。複数回に分けて相談を行う理由として、代理店で保険商品の見積作成をするからです。お客様に最善の保険プランを見極めるためなので、出来るだけ相談に当てる時間を多めにとっておいてください。

[PR]

海外の保険はココが人気★
プランがたくさんある。

見直し前に確認すべき点

説明

まず得意なジャンルと相談経験を紐解く

ファイナンシャルプランナーへの相談を利用するなら、得意ジャンルと実績チェックは重要です。プランナー全員が、保険から資産運用に至るまですべてを熟知しているとは限りません。例えば、保険料の見直し相談なら、保険代理店在籍あるいは代理店勤務経験があるフリーのプランナーを探しましょう。

ファイナンシャルプランナーの人脈チェック

相談内容によっては、他の専門家の力が必要となります。その際、相談相手であるファイナンシャルプランナーにどれほどの人脈を有しているか知っておくのも重要。専門家とのネットワークが充実していれば、要望に早く対応してくれます。

相談料はおいくら?

フリーのファイナンシャルプランナーに相談する前に、相談料はいくら生じるのかも調べておきましょう。相談内容に応じて、かかる費用は変動するので、事前に相談内容を話してからいくらかかるのか質問しておいた方が良いです。

無料相談で一歩踏み出す

資産運用に関すること、保険に関することで相談をしたくても、中々一歩を踏み出しにくいですね。そんな人におすすめなのが無料体験相談サービス。東京などの都市では、定期的に無料体験相談を実施しています。予約制なので、スケジュール的に都合の良い時間帯を選んで利用してみてはいかがでしょうか。