海外旅行保険加入のすすめ|信頼性の高いファイナンシャルプランナーをリサーチ!

海外渡航前に保険加入を薦める理由

海外旅行という短い間の滞在でも、突然体調が悪くなることもありえるので、保険加入は重要です。旅行でも保険が必要なのは、日本と海外の医療事情が大きく異なることが挙げられます。一体、どのような部分が異なるのでしょうか。

海外旅行保険加入のすすめ

旅行鞄

オープンドクター制

多くの国にある総合病院では、在籍している医師の数が意外と少なめ。医師の大半が、外部で個人病院を開業していて、診療時間の割り当てで総合病院の診察室で仕事をすることもあります。街の診療所を利用した後、総合病院を利用したら診療所で会った医師が担当だったというケースも珍しくありません。

入院になった場合

海外の病院では、治療費は前払いが多いです。しかも、病室毎で注射一本やガーゼ一枚の費用に差異があります。直ちに入院が必要と宣告された後、かかる費用の説明に移って困惑してしまう人も多いでしょう。

英語での対応が迫られる可能性大

急遽入院となったら、言語の面でも不安を抱いてしまいますね。いくら大したことない傷でもパニック状態になると痛みも恐怖も増してしまうものです。しかもお医者さんの言葉がほとんどわからないので大丈夫なのか危険なのかもわかりにくいです。そんな不安を抱えたままだと、旅行において大きなストレスになってしまいます。

保険加入は上記のリスクを最小限化!

海外旅行保険は、上記のような問題をほぼ全て解決してくれます。旅先での怪我などのトラブルも帰国後に申請すればかかった費用は返ってくるため、金銭的なトラブルの不安が大幅に軽減できます。

出発当日でも申込可能!

海外旅行保険は前もって申し込むのが一番なのですが、様々な事情があって加入できない可能性もあります。そんな時でも大丈夫です。海外旅行保険は空港でも窓口があり、即座に加入できる他、券売機などでも申し込みができます。